スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MasterVC 4.0.0 を公開しました

MasterVC & CommandVC 最新版 ver.4.0.0 を公開しました。

子育てしたり、ガンプラつくったり、テイルズ・オブ・エクシリアやったりしてるうちに、
時間がどんどん過ぎてしまい、1年以上ぶりの更新です。
そして ver.3 系から7年ぶりのメジャーバージョンアップですよ。

今回からコンパイラを Visual C++ 2010 Express Edition にしました。
将来の x64 対応とかを考えての、環境を移行です。
このコンパイラでビルドしたバイナリはXP以降でしか起動できないので、
Windows2000以前のOSはガチでサポート外です。

実際、x64ネイティブバイナリはビルドできてるんですが、
実は私の身の回りには検証環境がないのですよ…トホホ。
そのうち、ソースコード全部チェックして、動作確認とれたら公開するかも。
まぁ、だれからも報告がないところからして、
x86版の MasterVC は問題なく64bit環境で動作してるんじゃないかと勝手に思ってます。

さて、今回はXP以降のみでの起動しか考えなくてよくなったので、色々と修正しました。
・文字コードのUnicode化。
 → これはまったく自己満足で動作にも見た目にも差はないです。
・Layerウインドウ制御APIの動的ロードの廃止
・アイコンイメージをpng化。
 → pngのロードはGDI+というライブラリで簡単にできるのですが、
   XP以降ではGDI+が標準搭載なので採用してみた。
・Tips表示の複数行表示
 → 00~03 までのコントロールを一覧で見れるようになりました。
   (Tips設定で複数行を選んで下さい)
・コントロール登録毎にTips文字色、アイコンを変更
 → 複数行出せるようになったし、行ごとに色を変えれるとよいかと思った。
   アイコンはついで。
・音量0の時、文字色をミュートにする設定を追加。
 → 以前にどなたかから要望があったと思ってオプション追加。
・アイコンイメージやTips書式を resouce.ini で編集できるようにした。
 → アイコンのほうは画像の使い回しをしやすいように。
   Tips書式のほうは、確認の度にコンパイルしなおすのが面倒だったので実装。

とまぁ、こんな感じです。
最近、ほんとに子育てが忙しく、自宅ではパソコンに触れない日の方が多いくらい。

それなのに気の赴くままに機能をブチ込んだのでバグはたくさんありそうだ。
報告をいただければ、なんとか時間を見つけて修正していきます。


複数行のTips表示が出来るようになったし、
そろそろ FixMixer のプラグイン機能を本体への取り込む事を
本気で考えたほうがよいかもしれないですね。
スポンサーサイト

サポート板01

ソフトウェアについて、不具合報告、ご要望等コメントをお寄せ下さい。

mosus

最新バージョンは 2004/05/25 版です。

ダウンロード → mosus.zip

Windows 98/Me/2000/XP 用。

コマンド実行、タイマー、プロセスの終了、システムの終了、タスクスケジューラに登録されたタスクの有効化/無効化/開始時刻の変更が行えます。

タスクスケジューラから起動して、mp3プレーヤを起動~時限終了、ついでに サスペンドさせたかったので作りました。
パソコンを目覚ましmp3プレーヤーとして使いたかったんですね。

CommandVC

ボリューム調整ソフト CommandVC を公開しています。

最新バージョンは 4.0.0 です。
ダウンロード → mcvc400.zip

本ソフトは Windows XP/Vista/7 上で音量調節を行うものです。
コマンドラインから実行する事で、音量調節ができます。

バッチファイルからの利用等にどうぞ。

※Windows Vista/7 では一部オプションが利用できませんのでご注意ください。


■最近の更新
4.0.0 - 2012/02/15
・コンパイル環境を Microsoft Visual C++ 2010 Express Edition に変更
・バイナリの文字コードを Unicode 形式に変更
・アイコンイメージを更新

3.7.0 - 2010/06/30
・コンパイル環境を Microsoft Visual C++ .NET 2002 に戻した
・Windows Vista/7 で、余計なミキサを表示しないようにした。
・ミキサ制御ライブラリを色々修正

3.6.7 - 2009/09/19
・Windows Vista でマスタ音量以外の左右バランス調整が出来るようにしました。
・Windows Vista でマスタ音量以外の音量設定値が、
 Windowsから設定した値と近くなるように補正しました。
 (Windowsがやってるデシベル→線形変換の式がわからんので、多少ズレます)


過去のバージョンは こちら

MasterVC

ボリューム調整ソフト MasterVC を公開しています。

最新バージョンは 4.0.0 です。
ダウンロード → Vector

本ソフトは Windows XP/Vista/7 上で音量調節を行うものです。
ホットキーにより音量調節をサポートしているので、デスクトップにウインドウを表示させることなく音量調節/ミュート操作が行えます。

フルスクリーン動作のゲームをプレイ中の場合にでも、ゲームを中断することなく音量を調節が可能になります。内臓スピーカやヘッドホンでサウンドを聞いてる方も、音量コントロールを出す必要が無いので重宝するかと思います。
また、トレイアイコンで現在のボリュームが表示されるので、いつでもすぐに現在の音量が分かります。

また、プラグインによる機能拡張が可能です。
現在、以下のプラグインが同梱されています。
・FixMixer …音量を監視し固定化することが出来ます。
・mmvcNeko …ホットキーによるウインドウを移動/リサイズができます。
・wndalpha …ホットキーでウインドウの透明度を変更できます。
・dxbeep …MasterVC の操作時に、"ピッ" と音を鳴らします。
・tbwheel …タスクバー上でマウスホイールによる音量操作ができます。


■最近の更新
4.0.0 - 2012/02/15
・コンパイル環境を Microsoft Visual C++ 2010 Express Edition に変更
・バイナリの文字コードを Unicode 形式に変更
・上記に伴い、プラグインAPIを更新、旧プラグインは使用できなくなります。
・アイコンイメージを更新
・WindowsXP 以前のOSで起動しなくなったため、一部APIの動的ロードを廃止。
・コントロール登録毎にTips文字色、アイコンを変更できるようにした。
・音量0の時、文字色をミュートにする設定を追加。
・アイコンの音量数字の色をTipsのカラーと連動する設定を追加。
・アイコンイメージの扱い方をpng形式に変更。
・Tips表示の複数行表示に対応。
 登録コントロールの4番目までの項目が列挙されます。
・アイコンイメージを resouce.ini で編集できるようにした。
・Tips書式を resouce.ini で編集できるようにした。

3.7.1 - 2011/01/07
・mmvc.exe と同一ディレクトリの mmvchook.dll のみ使用するように修正
・トレイアイコンのメニュー表示後、タスクバーにゴミが残るのを修正

3.7.0 - 2010/06/30
・コンパイル環境を Microsoft Visual C++ .NET 2002 に戻した
・トレイアイコンであまり使われてなさそうなデザインを削除
・Windows Vista/7 で、余計なミキサを表示しないようにした
・ミキサ名が32文字までしか保存されていなかったのを修正
・ミキサ制御ライブラリを色々修正
・プラグインAPIを更新、旧プラグインは使用できなくなります
 (プラグインAPIに、ミキサ制御APIを追加)
・コントロール・ランチャーの設定画面を修正
・環境によってバルーンTipsが表示されなくなっていたのを修正
・キーボードでトレイアイコンにアクセスできなかったのを修正


過去のバージョンはこちら
MENU
[管理]
最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。